徳島 2021年8月31日 のイベント

宍喰駅フラワーパークへヒマワリを見に行こう!

海陽町観光協会では、DMVの運行開始に向けて、宍喰駅の田園1.3ヘクタールに35万本のヒマワリを植えました。今回は、期間を長く楽しんで頂けるように、この35万本のヒマワリは順番に顔を出して、畑に咲き誇る予定です。

また、7月下旬から8月末までコンテストを実施予定です。詳細は海陽町観光協会HPと、Instagramで掲載しています。
コンテスト参加希望の方は、是非チェックをお願いします!

【お問合せ】
海陽町観光協会 TEL:0884-476-3050
 HP:https://kaiyo-kankou.jp/<外部リンク>
Instagram:https://www.instagram.com/kaiyo_kankou/
 

 

イベント情報

開催日 ヒマワリ開花時期:7月中旬~8月中旬(天候などにより変動があります)
開催地 鮎喰駅
交通
お問い合わせ 海陽町観光協会
TEL:0884-476-3050
詳細 海陽町観光協会では、DMVの運行開始に向けて、宍喰駅の田園1.3ヘクタールに35万本のヒマワリを植えました。
今回は、期間を長く楽しんで頂けるように、この35万本のヒマワリは順番に顔を出して、畑に咲き誇る予定です。

また、7月下旬から8月末までコンテストを実施予定です。詳細は海陽町観光協会HPと、Instagramで掲載しています。
コンテスト参加希望の方は、是非チェックをお願いします!

【鳴門市ドイツ館】端四国八十八箇所霊場 須恵泰正鉛筆画展~結願~

徳島県出身・在住の画家、須恵泰正氏のイラスト展を開催。ドイツ館では今年で5回目となる。
繊細かつ精密なタッチで描かれたイラストは、すべて鉛筆で描かれており、まるで写真のように美しい。
「端(はば)四国八十八箇所」とは、徳島県美馬郡つるぎ町と東みよし町にまたがる全長80kmのミニチュア版霊場。
2014年6月からお堂の鉛筆画をコツコツと描き続け、7年2カ月の月日を経てついに結願!
会期中は、1番から88番まで全ての作品を展示する。
 

イベント情報

開催日 2021年8月1日(日)~ 8月31日(火)※8月23日(月)は休館日  9:30~17:00(入館は16:30まで)
開催地 【場所】 鳴門市ドイツ館 2階企画展示室
【料金】 大人400円 小人100円(入館料として)
交通 【JR】 JR高徳線「板東」駅より徒歩約20分
【バス】 JR鳴門駅より徳バス 大麻線「ドイツ館」下車
【車】 高松自動車道「板野」ICより約10分、徳島自動車道「藍住」ICより約15分
   駐車場:無料(100台)
お問い合わせ 鳴門ドイツ館
〒779-0225 徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2
TEL:088-689-0099 FAX:088-689-0909
詳細 徳島県出身・在住の画家、須恵泰正氏のイラスト展を開催。ドイツ館では今年で5回目となる。
繊細かつ精密なタッチで描かれたイラストは、すべて鉛筆で描かれており、まるで写真のように美しい。
「端(はば)四国八十八箇所」とは、徳島県美馬郡つるぎ町と東みよし町にまたがる全長80kmのミニチュア版霊場。
2014年6月からお堂の鉛筆画をコツコツと描き続け、7年2カ月の月日を経てついに結願!
会期中は、1番から88番まで全ての作品を展示する。

【阿波十郎兵衛屋敷】阿波の万葉集~桧瑛司が収集した阿波の唄の世界~

30年間にわたり、集落に奔走して
消えゆく阿波の唄をひたすら拾い集めた
執念の人、桧瑛司。
今も昔も変わらない、恋心や人々の願いが込められた唄の世界を、
金子都美絵がみごとに絵画で表現しました。
桧瑛司が映した写真、書き残した解説とともに
徳島の人々の思いを感じてください。

イベント情報

開催日 2021年8月12日(木)~ 2021年9月20日(月祝)
開催地 【会場】 徳島県立阿波十郎兵衛屋敷
【入場料】一般410円、高・大学生310円、小・中学生200円
【時 間】9時30分~17時00分(8月31日までは18:00まで)
交通
お問い合わせ 徳島県立阿波十郎兵衛屋敷
Tel 088-665-2202
詳細 30年間にわたり、集落に奔走して
消えゆく阿波の唄をひたすら拾い集めた
執念の人、桧瑛司。
今も昔も変わらない、恋心や人々の願いが込められた唄の世界を、
金子都美絵がみごとに絵画で表現しました。
桧瑛司が映した写真、書き残した解説とともに
徳島の人々の思いを感じてください。